3Dプリンター

低価格の光造形タイプ3Dプリンターを追加導入しました。

photon_s2

社内にForm2という光造形の3Dプリンターがあるのですが、以前から気になっていた、低価格の液晶ディスプレイ式(?)光造形の3Dプリンターを追加導入しました。

photon_S
ANY CUBIC PHOTON S

Form2と同じ光造形タイプですが、Form2がレーザーで描くように紫外線で硬化させていきますが、このPhoton Sは底面に紫外線LEDが敷き詰められr、途中に液晶ディスプレイがあり、液晶ディスプレイで紫外線が透過する範囲を映像として写し、紫外線を当てる部分をコントロールしています。

理屈的にはPhoton Sのタイプの方が、ステージ上に1個作ろうが、10個作ろうが、同じ時間でプリントが完成します。

こちらの解像度、材料で問題がなければ低価格製品の小ロット生産にはPhoton Sの方が良さそうです。

材料、スライスソフトの完成度、プリント精度からすると、高い分Form2に分がありそうです。

以下、Amazonで購入、次の日に届いた製品のお試し状況です。

ほんと、便利な世の中ですね。。。

photon_s1

写真右:ANY CUBIC Photon S

購入時で約43000円(安!)

写真左:ANY CUBIC Wash & Cure

約26000円。これは買った方が良いです。

photon_s2

さっそく最初から入っているサンプルをプリント

photon_s3

Wash & Cureで最初にIPAで洗浄、次に光硬化を行います。

この出来具合。。。

photon_s4

Form2と材料が違うせいか、構造のせいか、臭いがきついです。

※ちょうど良い紙袋があったので上からすっぽりかぶせて、ゴミ袋をかぶせて、排気しました。

オフィスや自宅で使う場合は、換気レベルでは厳しいと思うので、排気または完全に囲う必要がありそうです。

CTAのメニュー